オフィスでのメイクVel2〜業界別チーク編〜

スポンサーリンク
メイク
この記事は約3分で読めます。

4月新しい生活が始まった方も多いはず。
今日は【オフィスメイク 好感度を意識したチークの入れ方】です。
とくに新社会人の方は、「会社へ行くときはどんなメイクがいいの?」と
お悩みの方が多いようです。

ぜひ参考にしてみてください。

実は前のサイトに書いた記事の続きで
この第一弾は眉に形について書いています。
こちらもぜひご覧くださいね!

チーク

新社会人メイク〜業界別 チークの入れ方について!

チークは入れないという方も多いのですが。。。
チークは必ず入れましょう!!
これは声を大にして言いたいこと。

血色が悪いと不健康な印象=元気がない、仕事を任せられそうにない
毎晩遅くまで飲んでそうなどど、マイナスな印象を人に与えかねません。
あと小顔に見せてくれる効果も絶大なんです。
これはまた別の記事に書きますが。

というわけで、派手にならない業界別のチークを入れる場所はこちら

前の記事のイラストにチークを加えました。

なので、向かって左が
アパレル系、広告代理店、商社(総合職以外)、接客(ホテル、エアライン以外)
などの業種。

右が人の財産管理系(金融ですね)、保険、士業、公的機関、医療系など
固いイメージがある業種です。

チークボーンを中心に塗り始めるポイントは同じですが
グラデーションをつけてぼかしていく方向が異なります。
チークボーンが星のマークのところだとして、

スポンサーリンク

アパレル系、広告代理店など(左の方)

左の方は
鼻に向かって瞳の内側の線より少しだけぼかしてOK。(ほんの少しだけ!!)
外側は顔の側面に少しだけ掛かる程度にぼかす。
上は目の下に指を横に向けて置いての1本分の隙間を
あけたところまでぼかす。(赤い矢印の部分)
下は小鼻から横にひっぱった線以内に留める。

スポンサーリンク

金融系、士業、公的機関、医療系など(右の方)

右の方は
チークボーンを基準に卵方に少しだけ斜めに耳の方へ
ぼかすイメージで。
あまり上のほうにはいれないので、赤の矢印は
少しだけ左のものよりも長くなっています。
下は左と同じ、小鼻よりも下には入らないように。

微妙な差ですが、できあがってみると印象に大きな違いができるので
よくご自分の顔を観察しながらやってみてくださいね!
これは会社へ行くときのことを考えて書いているのでプライベートでは
どちらを使ってもいいと思います。
ちなみに、左はハーフっぽい顔のイメージを作れるし
右は大人っぽい印象になります。

また今度はアイメイクを仕上げていきます。

お楽しみに!
おわかりになれないこと、気軽にコメントくださいね。

ウイッシュ
鈴木 結美子

タイトルとURLをコピーしました