美人度が増す!前髪があると変わる顔のゴールデンプロポーション

スポンサーリンク
メイク
この記事は約5分で読めます。

梅雨はどこに行ってしまったのでしょうか?

6月の乾燥した風が目元の水分の奪っていきます・・・(泣)

あなたのお肌の調子はいかがですか?

ウイッシュの鈴木です。

今日は【顔のゴールデンプロポーション】についてお伝えをしたいと思います。
でも、見慣れているゴールデンプロポーションとは違って、前髪を下ろした状態での
ゴールデンプロポーションです!

スポンサーリンク

前髪をどの程度下ろして、おでこをどのくらい見せるか

通常、メイクのときに分析をする「ゴールデンプロポーション」といったら、
髪をすべてあげたオールバックの状態で顔の横と縦の比率などを見ていきます。

でもちょっと考えてみてください。
周りを見渡しても、オールバックやおでこを100%みせている女性より、前髪を作っている女性のほうが
多いと思いませんか?

なので、今日はあえて【前髪がある場合のゴールデンプロポーション】のお話しです。

上の図の説明

緑の線、赤の線、ピンクの線がそれぞれ縦と横に1本ずつあります。

同じ色がペアです。

これを前提に話しを進めます^^

スポンサーリンク

緑の線のペアについて

緑の縦の線・・・眉の上からあごの下までの長さです。

緑の横の線の長さ・・・顔の横幅ですが、眉の上の線を通る位置で測ってみてください。

この横と縦の長さの比率が、横を1とすると縦も1が理想的です。

おなじ長さに近ければ近いほどいいという結果です。

緑の線の比率をかえるために、すぐにできる対処法

もし縦が1以上であれば、チークを横に入れるように意識をしたら、アイメイクを目の横幅を強調するように
いれるようにするという方法があります。

(アイメイクの場合は目の形と左右の目の位置が離れているか
よっているかで変わります・・・別日に記事にまとめます!)

緑の縦横の比率は1:1
もし縦の比率が大きければ、メイクのさいにチークの入れ方やアイメイクでバランスを整えましょう!

スポンサーリンク

ピンクの線のペアについて

ピンクの横の線・・・左右の瞳の真ん中を結んだ距離が基準です。ここを1とします。

ピンクの縦の線・・・前髪を下ろして、おでこが見えている部分の端を上の始点とします。(上の図では
赤の横の線が書いてあるところ)

下は口角から横に延長させたところが線の下の端です。これで始点と終点が決まったので
この長さを図ります。ピンクの横の線を1として、縦は2です。

ピンクの線の比率をかえるために、すぐにできる対処法

もし縦が2以上の比率であれば、前髪がパックリとわけないほうが似合うのかもしれません。

逆に2未満であれば、前髪をしっかりわけて作るスタイルの方はバランスがよく見えるのではないでしょうか?

ピンクの線の横と縦の比率は、横を1として縦は2です。


もし縦が2以上の比率であれば、前髪からおでこをみせるのは最小限がベター!


ただし、この方法は目の位置が縦2のちょうど真ん中あたりから下の位置にあるの方におすすめ。

目の位置が真ん中よりも上にあるのなら、前髪を作らないほうが顔の長さをごまかせます!

縦が2以下の場合は 前髪をしっかり分けたスタイルにしたほうがgood!

縦のバランスが整い洗練された大人っぽい雰囲気になるはずです!

スポンサーリンク

赤の線のペアについて

赤の横の基準になるところは顔幅の一番広いところの幅です。ここを1とします。

赤の縦の長さはまずおでこが見えているところを始まりとして(上の起点)、下は
あごの先です。ここまでの長さを測ります。

この長さが横1に対して、1.4だと理想的!

よくゴールデンプロポーションは1:1.6の比率だと言われますが、

前髪で隠れている部分があること、
日本人にはこちらの白銀比と言われているもののほうが

親しみをもたれやすいことを基準にして1:1.4にしています。

赤の線の比率をかえるために、すぐにできる対処法

横を1にした場合、縦が1.4以上であるのなら、顔が細長く見えている可能性が高いです。

そのためメイクでチークを少しだけ下の方に入れることを意識をして、重心を顔の下に
持ってきましょう。

または、不自然にならないように眉位置を下げて描くように意識をします。

アイメイクも目の横幅に意識して♬
(このとき目頭寄りにアイカラーを幅広く入れるのか、目尻よりに強調して入れるのかは
目の離れ具合で調整します・・・別の日にアップします!)

下唇の下にもシャドーイングして影をつくったりするのもOK

前髪の処理は、前髪から透けて見えるおでこを少なくしましょう。
分け目はあくまでもふんわりと自然に。ぱっくりと作らないほうがベターです。

逆に1.4より短ければ、メイクでバランスをとりよい前髪を思い切ってあげて、見える部分を
多くしたほうがスッキリします!

赤の横の線は顔幅の一番広いところの長さを測ります。

赤の縦の長さは前髪からおでこが見えているところが起点で、
終点はあご先です。ここまでの長さを測り、横1に対して1.4の比率であればOK!

1.4より長い場合は、

眉の位置を下に描く、または眉の色を下の方に濃いグラデーションを作ることも
効果的!

細面でさみしげに見えるかもしれないので、チークは少し下にいれてとふっくらした印象に。

下唇の下にシャドーイングをつくりあごを短く見せることも効果的。

1.4より短い場合は、前髪を思いっきり上げてみて!案外スッキリ、美しくまとまると思います。

スポンサーリンク

まとめ

アプリやYouTube、雑誌を参考にしても同じようにできないのは、骨格も違えば
バランス、プロポーションも違うからです。

ご自身のプロポーズを正確に知っていれば、メイクでもかなり【目の錯覚】を
起こせるので、一度鏡とにらめっことしてみていただけるとよろしいかと思います♡

今日は、顔の理想的なゴールデンプロポーション(一部白銀比あり)のご紹介でした^^

株式会社ウイッシュ
鈴木 結美子

タイトルとURLをコピーしました