「拝見」か「拝読」か ー人と差をつけるー

マナー

こんにちは!
ウイッシュの鈴木です。

ネットでいろいろと言葉の取り違いで(わざと取り違えるようにしているのかも)ツイッターが炎上したりする社会。
普段の生活でも、ちょっとした言葉でその人がどんな人なのかと伝わってしまうことが結構多くあります。

本人は気にせずに使った言葉が、後々「あ〜あのとき、やっちゃったんだ」と
なることもしばしば。
間違っていても大人になると、周りの人やお客様や取引先の方からはなかなか
「おかしいよ〜」と教えていただけないものです。残念ながら・・・
「あ〜こういう人だったのね」と思われて心の中でがっかりされておしまい。
そのうえ、それ以降の信頼やその人を「見る目」などが変わるという結果を招きます。

おそろしいです〜!!

ということで、今日はメールの返事をするときに使う言葉について。

スポンサーリンク

自信をもって自分をアピールするために知っておこう!

拝見 or 拝読

というわけで、今日は「メールを拝見しました」でよいのでしょうか?という
のがテーマです。

まずはそれぞれの意味を確認しましょう!

スポンサーリンク

拝見の意味

「見る」の謙譲語が「拝見」
見ることをへりくだっていう語。

スポンサーリンク

拝読の意味

読むことをへりくだっていう語。つつしんで読むこと。
例文として「お手紙、拝読しました」

「見る」は目から入ってきた情報

たしかに手紙もメールも目から入ってきた情報に違いありません。

ただちゃんと語彙力がある人は、「拝見」を使う場合は、
ものを見て、それがなにか理解をできて、謹んで相手にその事を伝えたいときに
「拝見」を使います。

例えば、上司がインスタに写真をUPした。それを見た。
翌日、その上司と話す機会があったので、「インスタの写真、拝見しました!」
これが正しい使い方です。

スポンサーリンク

メールの返事に「拝見しました」は正しいのか

ネットの情報ではメールを確認したときに「○正解」として、使えますと
よく掲載されています。

・・・ちょっとまって、上にも書いているように「拝見」は「見る」の、
謙譲語ですよね。
「メール、見ました」といいますか?
どこか、不自然さが残ります。

普通は「メール、読みました」って言いませんか?
LINE上での業務のやり取りなら、「LINE、見ました!」ということは
あるかもしれないけれど。。。
やっぱり「メールを読みました」と表現するはずです。
とくに相手が取引先、お客様、上司なら。

最近はあまり送る機会が減ってしまった手紙ですが、
これも「手紙を読んだ」と表現します。

これらから考えると結論は
「メールを拝読しました」が正解!
「メールを拝見しました」は間違いではないけど、その程度の知識教養の人

ってことです。

スポンサーリンク

デキる人〜!と思わせたいなら「拝読」

「〇〇さん、やっぱり違うよね〜さすがだよね!」と
印象良く、信頼を着実に積み重ねていくには「拝読」という言葉を
使用したほうがいいですね。

行動と言葉が一致しているので的を得た言葉選びです。

辞書を引くと「拝読」は「拝見」の類語の中に入っていますが
意義素が全く異なるので、この記事を読んでくださった方は
ぜひ「メールを拝読しました」と使って、人と「差」をつけてください!

こんな漢字二文字ですが、知っていれば自信にもつながります。
自分のアピールにもつながります。

スポンサーリンク

写真や書類の添付がある場合

メールに資料や添付がある場合ですが、このときには「拝読」ではなく
「拝受」を使いましょう。
「拝受」は「つつしんで受け取りました」という意味です。
受け取ったことを相手に知らせているのですから、
一言「内容は早速(または後ほど)確認いたします」と添えると親切です。

スポンサーリンク

これって間違い?

せっかく拝読を使っていても、よく間違えているパターンは、

・「拝読いたしました」⇒ これは拝読という言葉が謙譲語ですから、その後に
続く言葉までも「いたしました」と敬語を使う必要はありません。
「拝読しました」で十分です。

・「拝読させて頂きました」⇒ これは「〜させて頂く」の使い方の間違いです
が、「〜させて頂く」というのはこちらから「許しを得て行う」という
意味が含まれているので、「拝読させて頂きました」ではNGです。
読んでほしくてメールを送ってきているのですから、不要な言葉と言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

・メールの返事をするときには、
⇒「メールを拝読しました」
・メールに資料等が添付されているときには、
⇒「メールをありがとうございました。資料等も拝受しました。早速(または後ほど)確認して、ご連絡いたします」
というのが、自分の自信とアピール、「デキる人」と思われる返事の仕方です。
ご参考になれば幸いです!!
 
株式会社ウイッシュ
鈴木 結美子