エアライン就活へのまとめ〜前半〜

就活と転職

JALもANAも2020年3月卒業見込みの新卒者を
対象にした客室乗務員選定がすすみ、この2週間の間に内定を出しています。

エアラインの客室乗務員希望やグランドスタッフという夢をもって
頑張ってきた学生のみなさんが一人でも多く、その「夢」を
自分の手に引き寄せていますように!

そこで、今日は来年度の採用にむかって頑張っているみなさんへの
「戦略」のまとめを行いたいと思います。

スポンサーリンク

エアラインの業界が求める人物像

1、清潔感
2、健康的
3、明るいイメージ
4、品が感じられること
5、笑顔、いつも穏やかに微笑んでいること

これら5つの条件をすべて満たしていなければなりません。
誰が見ても「好印象」を受けることが大切です。

スポンサーリンク

5つの条件を満たすために

さて、あなたは5つの条件を満たすために何を努力するべきか、
自分自身のことを分析できたのでしょうか?

分析していますか?

清潔感を出すために・・・

清潔感を出すにはどうしたらよいのでしょうか?

解決策として、


肌を整える。

髪にツヤを出す。

メイクは適度な艶感で仕上げる(マットすぎてもテカってもだめ)

髪をセットする場合には髪が1本も乱れないように。
手ぐしではなく、櫛(コーム)で整える。

リクルートスーツや洋服のサイズをきちんんと自分のものに直す。

着ているものにシミや汚れがあってはならない。

着ているものにシワがないように。

健康的な感じを出すために

チークをきちんといれる。

眉やアイシャドーの入れ方や濃さ、リップの色などに気をつける。

はつらつとした表情を作る。

肌の色をコントロールカラーなどで整える。

肌をきれいに整える。

太り過ぎ、痩せすぎに気をつける。

明るいイメージを出すために

顔の周りに似合う色、その中でも明るめの色を選び身につける。

メイクの色を似合う色でまとめる。

いつも笑顔でいる。

好奇心あふれること=瞳が大きくなる。

前髪のセットは両眉を出すように気をつける。

サイドの髪は一本も下ろさない。

“品”が感じられること

メイクも洋服においても流行は意識しないこと。

コンサバティブなものを選ぶこと。

露出は控えること。

スポンサーリンク

エアライン業界に求められるメイク

・なんといっても清潔感が必要!

・華やかさも必要!


企業の顔となるグランドスタッフや客室乗務員です。
また「飛行機」や「空港」は非日常の場であることが多いのです。
それとともに、室内や機内は太陽の元よりも暗い印象になりがち。
よって、学生のころよりも華やかなメイクが求められます。 

スポンサーリンク

色を味方に!

パーソナルカラーを知り、味方につけましょう。

肌の色、シワやシミ、くすみ、くまなどは似合う色によって
ごまかすことができます。

最大限に使って、誰にも負けない「自分」になりましょう。

スポンサーリンク

笑顔で魅力を最大限にアピール

笑顔の練習はしていますか?

顔の筋肉の場所と使い方をしって、「印象の良い笑顔」

「美しい笑顔」を手に入れてください。

ポイントは口角よりも上の筋肉を使うことです。