WordPress Cocoon と AMPエラー と プラグインの関係

WordPress

こんばんは。
鈴木です。
今日はWordPressのCocoonの素晴らしいことを
また一つ見つけてしまったので記事にします。

 

問い合わせのプラグインとの関係です。
Googleから「AMPのエラー」があったので直していたら
その素晴らしさにきづいたのです!!

スポンサーリンク

問い合わせフォームを作成するプラグイン

Googleアドセンスに登録したいな〜とお考えであれば、
「お問い合わせ」のページは欠かせないものです。

というわけで、簡単に作成できるプラグイン!
Contact Form7というものです。

Contact Form 7
お問い合わせフォームプラグイン。シンプル、でも柔軟。

上記のサイトからダウンロードして、ショートコードが作成されるので
固定ページに「お問い合わせ」のページを作り、
それを埋め込めばOK!!

なにも難しいことはありませんでした。

ところが・・・

Word PressのYoast SEOとGoogleコンソール
Cocoonテーマ ダウンロードから今までXサーバーに会社のHPのサイトがすでにあるので、独自ドメインをお名前.comで契約をして、その中にcocoonをインストールここまで順調。まずは大まかなデザインだけでもと思い、「い...続きはこちら
スポンサーリンク

AMPエラーの通知

Googleのアドセンスの申請がおりてから、それまで
お問い合わせのページにエラーがあるよとお知らせがありました。

これです。
素人の私にはまったく理解不能。
なんだかコードの中にエラーがあるぞ〜ということしか想像できず
困ったなとネット検索です。

なんだか難しいことが書かれていた記事もありましたが見つけた記事に
固定ページの「問い合わせのサイドバーでチェックを入れるだけ」
と書いてあるではないですか!!

WordPressのテーマCocoonを使うべき4つの理由
WordPressのテーマ、たくさんあって迷っている方が多いと思います。有料にするべきか、無料でいいのか。無料でも有料なみのテーマCocoonはとっても簡単!アドセンスの設定、SEOの設定、広告の設定もあっという間。Cocoonを選ぶべき4つのポイントです。
スポンサーリンク

AMP > 許可されていない属性または属性値がHTMLタグに・・・という場合

この、AMPのエラーは結構な確率で出るようなので覚えておきたいです。
「AMP > 許可されていない属性または属性値がHTMLタグにあります」

と出た場合はサイドバーにあるAMPページを作成しないにチェックをいれれば解決です。

これでGoogleに「直しました」という検証を求めることをすればOKです。

word pressをダウンロードしたら、すぐに決めること3つのポイント!
これをしないとサイトの魅力が激減。伝えたいことを相手に伝わるためのデザインにする3つのポイント。ダウンロードしてでテーマを決めてデザインを始めてしまうと、サイトで訴えたいことがブレまくる。これを防ぐためのポイント3つ。
スポンサーリンク

まとめ

WordPressのテーマのCocoonを使って、お問い合わせのプラグイン ContactForm7を
追加して使うと googleからAMPのエラーが来ることが多い。

それはCocoonが優秀でAMPのページを自動で作成してくれるからで、
そのページを作成すつ必要がない、またはGoogleからエラーが届いたら
サイドバーで1つチェックをいれるだけで解決する

ということです。

覚えておけば、時間も手間を省けます!

鈴木 結美子